>トピックス>漫画家になるにはどうしたらいいの?近道を探そう!

漫画家や声優としてプロデビューするための近道が専門学校

専門学校は、業界に太いパイプを持っています。就職支援も受けられるので、漫画家や声優を目指すなら専門学校に通いましょう。

漫画家デビューするための一般的な方法5選

勉強

新人賞に応募する

漫画の出版社では、各社新人賞を設けています。投稿して作品が認められれば、すぐにでも漫画家デビューできるでしょう。

出版社に直接持ち込む

出版社に問い合わせれば、漫画家の編集者が自身の作品を見てくれます。すぐに漫画家としてデビューできずとも、貴重なアドバイスを得られるでしょう。

漫画家のアシスタントになる

漫画家のアシスタントとして修行を積むことで、プロの技を身近で学べます。編集者とのコネクションで、漫画家としてデビューできることもあります。

同人活動を行う

同人誌の即売会で作品を販売したり、ウェブサイトで公開することで、出版社からスカウトされることがあります。

専門学校に通う

専門学校に通うことで、プロの漫画家から直接アドバイスをもらえることがあります。漫画家として成功するコツなどもアドバイスしてもらえるでしょう。

人気漫画家になるためには知識を身に付けたい

人から面白いと思ってもらうためには、情報を詰め込む必要があります。様々な専門知識を身に着けて、読む人を楽しませられる作品作りを心掛けましょう。

豊富な知識を持っている漫画家と知識に乏しい漫画家の違い

豊富な知識を持っている漫画家

知識が豊富だと、アイディアも豊富に湧きます。様々なジャンルの作品を描くことができます。

知識に乏しい漫画家の違い

専門的な漫画を描くことは難しいでしょう。知識がなければ、一つの作品でも長く連載することは難しいといえます。

漫画家になるにはどうしたらいいの?近道を探そう!

女性

専門学校ではプロの漫画家や声優に必要な知識を学べるのでおすすめ

絵が上手かったり、声が大きくてもプロにはなれません。プロとして活躍するためには、豊富な知識が必要となります。漫画家になるには専門学校に通って、業界で活躍できるスキルを教わりましょう。プロとして活躍する方法を論理的に学べば、どんな仕事でも臆することなく活躍できます。

週刊連載の漫画家に関する疑問をQ&Aで解消しよう

男女

いつ休みを取っているんですか?

毎日こまめに休みを取る人もいれば、6日間働いて1日しっかり休む漫画家もいます。

一人で漫画を描いているんですか?

漫画家は大抵アシスタントを数人雇っていて、背景を描いたりトーンを貼るという作業を手伝ってもらっています。

原稿はどうやって出版社に届けているんですか?

多くの漫画家が、バイク便などの迅速に原稿を配送してくれる業者を利用しています。

編集者とはなんですか?

出版社の社員で、担当する漫画家のサポートをしたり、出版の準備や手続きを行っています。

どこで漫画を書いているんですか?

自宅の一室を作業場所として漫画を描いている人が多いですが、中には自宅とは別に作業場を用意している漫画家もいます。

広告募集中