HOME>コラム>漫画家になるにはプロから指導を受けるのがベスト

漫画家になるにはプロから指導を受けるのがベスト

漫画

漫画の描き方を学びます

漫画は日本が世界に誇る素晴らしい文化であり、漫画家に憧れる人も多いのではないでしょうか。従来は漫画家になるには漫画雑誌を出版する雑誌社に自分の作品を持ち込んだり、新人を対象とした新人賞に応募したりするのが一般的だったのですが、近年ではさらに漫画家を目指すための専門学校に通うという方法もあります。漫画の専門学校では漫画の描き方の基本を、1年制または2年制でじっくりと学ぶことができます。主なカリキュラムは絵を描くことの基本となるデッサンや人体クロッキーから始まり、漫画に必要な基礎技術や背景やネームなどの描き方、さらに漫画のストーリーの作り方やデジタル技術などです。さらに卒業後の進路に関するサポートが受けられますので、漫画家になるには専門学校がおすすめだといえるでしょう。

漫画

様々なメリットがあります

漫画家になるには様々なメリットがある、漫画の専門学校がおすすめです。まずは漫画を基礎からしっかりと学ぶことができます。漫画家になるにはペンの使い方やコマ割りや効果的な演出など、漫画に特有の技術が必要になります。これらはプロの作品から学ぶこともできますが、専門学校ではこれらの技術を効率的に学ぶことができるのです。さらにプロ講師から直接指導が受けられることも、大きなメリットだといえるでしょう。第一線で活躍するプロ講師の指導を受けることで、自分の作品に何が足りないのか知ることができます。プロによる指導は厳しいものになりますが、漫画家になるためには大いに役立つはずです。さらに専門学校には業界との太いパイプがあり、デビューのチャンスが増えるというメリットもあります。

広告募集中